このサイトについて

当サイトについて

脱毛症は、非常に重要な症状の1つです。
急に抜け毛が増え、どうすればいいか戸惑ってしまう。

これまでにいろいろな方法を試してみたものの、
効果がなかったり、効果が薄く発毛・育毛をあきらめてしまった方がたくさんいらっしゃいます。

当サイトでは、上記のような皆様に、1人でも多く豊かな毛を取り戻していただき、幸せな人生を過ごしていただきたいと考えております。

そのために、皆様には、日本国内外発毛、育毛剤のご紹介や抜け毛・脱毛への対処方法をご紹介してまいります。
尚、当サイトにて商品をご覧の際は、注意事項をお読みの上、購入をご検討くださいませ。

皆様には、各々メリット、デメリットをご検討いただき、最適な方法を見つけて頂ければ幸甚です。

Alopecia Hair Growth コンシェルジュ一同

about_image1

発毛・育毛について

発毛と育毛の違いとは?

「発毛」と「育毛」、同じような問題に思えますが、実は異なります
問題の本質が異なるため、症状の改善方法、アプローチも変わってきます。

発毛とは?

発毛とは、文字通り毛を生やすことです。「植毛」も発毛の1つです。
毛根が弱り毛が抜け落ちてしまったり、過度のストレス等により頭皮の状態が悪くなり、
脱毛状態になってしまった状態から、毛をよみがえらせることを指します。

発毛剤の役割は、毛髪の基盤となる毛母細胞の動きを活発化させ、
休止状態の毛根から再度発毛させることです。

育毛とは

育毛とは、今生えている髪を育てることです。
育毛剤は、頭皮からの脱毛を防ぐため、主に2つ役割があります。

丈夫な髪を育てることフケやかゆみを抑えることまた、「養毛剤」と呼ばれるものがありますが、これは髪の毛や頭皮に栄養をいきわたらせるものです。
髪に必要な養分をいきわたらせることで、髪の健康を維持することが目的となっています。

髪の毛や頭皮に適度な油分と水分を与えることで、髪のダメージから保護する役割や、痛みを修復する効果があります。

このように、「発毛」が必要なケース、「育毛」が必要なケースそれぞれにおいて、
適切な対処が必要となります。

脱毛に関しては、病院でも診断し、お薬を出していただくことはできますが、
保険が効かないためすべて自費負担となります。

貴方が置かれている現在の状況を把握し、それに合わせて発毛剤・育毛剤を使い分けていくことが重要です。

このサイトをご利用になる際の注意事項

  • このサイトは、日本だけでは市販されていない海外の商品を紹介するサイトです。
    リンク先(Amazon.com等)でご購入される際は、個人輸入となります。個人輸入では海外との取引の為、クーリングオフや発送後キャンセルはできません。商品に関する問い合わせやクレームは、基本お客様自身でメーカーにご連絡ください。
    一般のネットショップのような手厚いサポートはございません。

薬事法による個人輸入の制限について

  • 個人輸入では薬事法が適用され、輸入できる種類や数量に限度がございます。
    また、薬事法に反する麻薬や向精神薬、輸入禁止薬の取扱いはできません。詳しくは、厚生労働省の個人輸入に関するページをご確認ください。